NO IMAGE

「Widget Logic」で特定のカテゴリーだけウィジェットを表示させる方法

Widget Logicというプラグインについて Widget LogicはWordPressのプラグインであり、ウィジェットを表示させる条件を指定することができる。 この機能を有するプラグインでは非常に有名であり、利用者も使い方の情報も豊富という特徴がある。 ただし条件の指定方法がや...

記事を読む

NO IMAGE

【UWSC】ループ命令「WHILE」の使い方

WHILEの概要 WHILEの基本 UWSCでは複数のループ命令が用意されているが、その中でもWHILEは不定回数繰り返し処理する場合に用いられる。 WHILEで指定された式が真である場合、処理が実行され、WENDまで処理が行われる。 WHILE 式 処理 WEND 基本的に上記...

記事を読む

NO IMAGE

【DXライブラリ】FileRead_scanf関数の使い方

FileRead_scanf関数の概要 FileRead_scanf関数の説明 DXライブラリではファイルからデータを読み込むための関数が複数用意されている。 その中でFileRead_scanf関数は決められた書式に則ったデータの読み込みに役立つ。 使いどころが限られるが、それで済...

記事を読む

NO IMAGE

WordPressのエディタにタグを挿入するボタンを追加するプラグイン「Visual Editor Custom Buttons」の使い方

Visual Editor Custom Buttonsの概要 Visual Editor Custom ButtonsはWordPressのエディタ画面にオリジナルタグを追加するためのボタンを設置できるプラグインだ。 ビジュアルエディタ、テキストエディタの両方に対応している。 同様の...

記事を読む

NO IMAGE

【DXライブラリ】DrawRoundRect関数で角の丸い四角形を描画する

DrawRoundRect関数の概要 DXライブラリのバージョン3.13a(2014/11/29公開)でDrawRoundRect関数が追加された。 公式サイトのリファレンスには掲載されていないので非公開関数という扱いのようだ。 宣言は次の通り。 int DrawRoundRect(...

記事を読む

NO IMAGE

【DXライブラリ】DrawGraphFで座標を小数で指定する場合の注意点

DrawGraphF関数を使う前に DrawGraphF関数の基本的なこと DrawGraphFは非公開関数。 DrawGraphの座標を小数で指定できるようになったもの。 ただし描画モード(画像補間方法)を適切に設定しないと想定している動作にならない。 描画モードはSetDr...

記事を読む

NO IMAGE

【DXライブラリ】画面を画像として保存する方法

DXライブラリの画面保存関数 DXライブラリには複数の画面保存関数が用意されている。 それらを使用することで任意の領域の画像を保存できる。 非公開関数も含めた一覧は次の通り。 SaveDrawScreen SaveDrawScreenToBMP SaveDrawScre...

記事を読む

NO IMAGE

「Table of Contents Plus」のデザインをカスタマイズする方法

Table of Contents Plusをカスタマイズする前に Table of Contents Plusのデフォルトのデザインをカスタマイズすることを目的とする。 そのためには大きく分けて次の2つの設定が必要。 プラグインの設定画面での変更 CSSファイルに変更を加える ...

記事を読む

NO IMAGE

広告をランダムに表示させるプラグイン「Ads by datafeedr.com」の使い方

Ads by datafeedr.comの概要 Ads by datafeedr.comは登録してある広告をランダムで表示させることができる。 ショートコードを使うがウィジェットでも表示できるようにする機能が含まれている。 表示期間や表示回数を指定することもできる。 Ads by d...

記事を読む

NO IMAGE

ウィジェットの表示条件を設定できるプラグイン「Widget Display filter」の使い方

Widget Display filterの概要 Widget Display filterを使うことでウィジェットの表示条件を設定できる。 例えばモバイル端末でアクセスがあった場合にのみウィジェットを表示させるといった使い方が可能。 もう少し複雑な条件でも設定できる。 設定条件...

記事を読む